ライフパックのご紹介

【ライフパックとの出会い】では、私がニュースキンのスキンケア製品をきっかけに「ライフパック」を使い始め、現在に至った経緯に触れさせて頂きました。

今回はニュースキン ブランドメンバー 大野 が「ライフパック」について、その背景も含めて紹介させて頂きます。

ファーマネックスの「ライフパック」とは?

ニュースキン サプリ ライフパック 各種のビタミン、ミネラル、植物栄養素などが4カプセルとなってパックに入っている。

★「ライフパック」は、ニュースキン社のサプリメント ブランド『ファーマネックス』が製造・販売している複合型サプリメントです。
ニュースキンジャパン公式サイト:「ライフパック」のページ

★「ライフパック」を含めてサプリメントは法律的に『食品』とカテゴライズされ、効果効能は表示できません。

ライフパックはベース サプリメント

「サプリメントについて知っておきたいこと」でご紹介したように、サプリメントはいくつかのジャンルに分けることが出来ますが、「ライフパック」はその中で基本となる「ベース サプリメント」としての位置付けになります。

私達が「健康に生きていくために必須」でありながら、現代の食生活では不足しがちな「ビタミン、ミネラル、植物栄養素」を栄養学的な見地からバランス良く配合。

さまざまな研究データに基づき、現代に生きる私達の『健康管理のベース』としてデザインされたサプリメントです。

ライフパックのヒストリー

日本では1995年に発売となった「ライフパック」ですが、現在ではシリーズになっており、以下の4種類があります。

【日本国内のライフパック シリーズ】
オリジナルの「ライフパック(カプセル タイプ)」
ライフパック シリーズのオリジナル(カプセルタイプ)
飲みやすい小さな粒状となった「ライフパック タブレット」
小粒で飲みやすくオリーブ果実抽出物も配合されたライフパック タブレット
α-リポ酸やCoQ10、EPAやDHAなど33種類の成分を配合。プレミアムなサプリメント「ライフパック ナノ プラス」(2020年1月リニューアル)
ビタミン、ミネラル、植物栄養素、EPA、DHA、α-リポ酸、CoQ10など、33種類の栄養成分をバランス良く配合、カラダのすみずみまで行き届いて、しっかり働くための体内インベスト設計を採用した「ライフパック ナノ プラス」
子供用の「ジャンガマルズ チューワブル」

育ち盛りに必要なビタミン、ミネラルを中心に各種植物栄養素をバランス良く配合した子ども用ライフパック「ジャンガマルズ チューワブル」

ここではまず、オリジナルの「ライフパック(カプセル タイプ)」の誕生とその背景をご紹介したいと思います。

アメリカでの発売当初、「ライフパック」も含めてニュースキンのサプリメントは『ファーマネックス』ブランドではありませんでした。

1998年に「ファーマネックス社」がニュースキン社の傘下となるまでは、ニュースキンの「IDN」というブランドから販売されていました。

私も含めて、ニュースキンのサプリメントを20年以上前から知る方々にとって、「IDN」は懐かしいブランド名だと思います。

「IDN」とは、「Interior Design Nutritionals(インテリア デザイン ニュートリショナルズ)」の頭文字で『身体の内部から美と健康を図る栄養補助食品』という意が込められており、その中心となる製品が「ライフパック」でした。

1995年に日本で発売となったライフパック。

1995年に待望の日本版「ライフパック」が発売となりましたが、当時の国内規制では、サプリメントは薬と見まちがうような剤形(カプセルや小さめの錠剤など)は認められておらず、ライフパックもかなり大きめの錠剤として作られていました。

個人的な感想としましても、当時のライフパックの錠剤は「飲みやすい」とは言えない大きさ、形状だったと思います(笑)。

現在のライフパック

その後、日本でもサプリメントの有用性が認識され、剤型の規制緩和が行われたことを受け、2001年、ライフパックもリニューアルとなり、小さめのカプセル4つがパックに入った現在の形になった経緯があります。

ライフパックの2種(カプセルとタブレット)
※左側:現在の「ライフパック(カプセルタイプ)」
※右側:2017年より発売された「ライフ パック(タブレットタイプ)」さらに飲みやすい小さな粒状で、現在はライフパックシリーズの主流となっています。

ライフパックが25年間も愛用され続ける理由とは?

多数のサプリメントが流通

現在ではサプリメントの有用性がひろく認知され、利用者も激増しており、多数のメーカーから数え切れないほど多種多様な製品が流通しています。

ドラッグストアの棚には各種のサプリメントがズラリと並び、TVや雑誌、新聞でもサプリメントの広告を見ない日はありません。

このような激しい市場競争の中で、「ライフパック」をはじめファーマネックス製品は多大な費用のかかる広告をしていないに関わらず、世界中で信頼を集め愛用されています。

日本国内だけでも、「ライフパック」と「ライフパック ナノEX」の累計販売数は、国内発売から20年目(2015年)の時点で5,500万個を越えました(ニュースキンジャパン発表)。

世界中で信頼・愛用されるライフパック

私共でも1995年の日本発売以来、「ライフパック」を自分達で愛用し、多くの方々に自信をもってお薦めしてまいりました。
現在では日本全国の多くの皆様にご愛用頂いています。

このように、「ライフパック」が長い年月にわたって愛用され続けているのは、使ってみて『結果が出ている』という何よりの証に他なりません。

玉石混交とも言えるサプリメント市場のなかで、コマーシャルに踊らされない『本物志向』の方々が選択し、愛用しているのが「ライフパック」なのです。

それでは、なぜ、ニュースキンのサプリメント部門『ファーマネックス』ではそのような製品を開発でき、つくり続けることが出来るのでしょうか?

(続きはパスワードエリアで、無料にて安全にご覧頂けます)

パスワード エリア
このエリアの内容には「ニュースキン&ファーマネックス製品」についての詳細が含まれます。
ご覧いただく場合は、下欄にパスワード(現在の西暦年号)を入力して続きをお読み下さい。 もちろん、無料にて安全にご覧頂けます。

【ご案内】
ニュースキンジャパンの方針に拠りまして、製品などについての詳細は、閲覧を希望される方だけにご覧いただいております。お手数をお掛けいたしますがご了承下さいませ。
※管理者:ニュースキン ブランドメンバー 大野 充

続いて、ニュースキン ブランドメンバー 大野 が、新たなスタンダードとなったニュースキンのサプリ「ライフパック タブレット」の優れた特徴や、ライフパック カプセルとの違いなど詳細をご案内いたします。

ライフパック タブレットのご紹介

ニュースキン ブランドパートナー 大野

ニュースキン ブランドメンバーの大野 充と申します。
1994年よりニュースキン ジャパンとディストリビューター契約を行い、以来、25年以上にわたり業務を行ってきました。

現在、「シニア世代」と呼ばれる年齢になりましたが、ニュースキン&ファーマネックス製品のおかげで元気に毎日を送っています。

男性でも「年齢より若く見える」と言われるのは嬉しいことですし、毎日を健康で楽しく過ごせることにかけがえのない幸せを感じています。

ニュースキンと出会ったのは40歳の時でしたが、当時に比べてエイジングケア製品に対する興味が格段に強くなり、自分ごととして切実に感じるようになりました。

ニュースキン&ファーマネックス製品をお薦めしていくことにも更に強い意義を見い出しております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

DREAMON 管理者:大野 充
e-Mail:eshop@dreamon.jp
店舗電話:03-3415-9696 (10時〜19時)
所在地:東京都世田谷区

目次