ライフパックタブレットの効果はどう違う?ご愛用者にこそ知ってほしい!

ライフパックタブレットの効果はどう違う?ご愛用者にこそ知ってほしい!

ライフパック® タブレット」は、ニュースキン社の栄養補助食品ブランド『ファーマネックス』が製造・販売している複合型サプリメントです。
(ニュースキンジャパン公式サイト:「ライフパック® タブレット」のページ

サプリメントは『食品』とカテゴライズされており、「ライフパック タブレット」の効果効能(●●が治る、●●に効くなど)は表示できませんが、ここでは製品の栄養学的な優位性や、その優れた特徴をご紹介いたします。

ライフパック タブレットが激安!格安!』と謳うだけのサイトにはない、正確かつ有意義な情報発信を目指しています。
www.nuskin.jp/law

ニュースキンの栄養補助食品の中核となる「ライフパック シリーズ」に、2017年より加わった【ライフパック タブレット】。

気になるのは「従来のライフパック(カプセル タイプ)とはどう違うのか?」という点ですね。

今回は、ベース サプリの新たなスタンダードとなった【ライフパック タブレットの違い】(サプリメントしての優位性)をご理解いただくために、「ライフパック タブレット」のコンセプト、配合成分や栄養効果をご紹介したいと思います。

ニュースキン サプリがお得ページ内のVIPエリアでは「ライフパック タブレット」をはじめ、ニュースキン全製品のお得な割引き価格もご覧頂けます

ライフパック タブレットはなにが違うの?

ライフパックが飲みやすい小粒タイプに!

ニュースキンの「ライフパック」は1995年に日本国内で発売となりました。

当時はサプリメントの剤型について薬事法規制もあり、日本版ライフパックも発売から5年間は、かなり大きめの錠剤でしたが、関連法の緩和をうけて、2001年に待望のカプセル タイプがリリースされました。

以来15年以上、「ライフパック」はカプセルタイプだけでしたが、多くの方々から「ライフパックの栄養学的な効果はそのままで、もっと飲みやすい小さなタブレット タイプをつくってほしい」という声が寄せられていたそうです。

ニュースキン社では、その要望に応えて、2017年、小粒タイプの「ライフパック タブレット」をリリースしました。

ライフパック タブレットとライフパック カプセルのサイズを比較   

従来タイプのライフパックと同量のビタミンやミネラルの栄養効果を「ライフパック タブレット」の小さな粒に集約する。

そのためには、多数の技術的ハードルを越えなければなりませんでしたが、ニュースキン ジャパンと米国本社との共同開発チームは熱意をもって、それらをクリアしたのです。

ライフパック タブレットはボックスもコンパクトに使いやすく

ライフパック タブレットはコンパクト化されて、ポリフェノールを強化   

「ライフパック タブレット」30パックが入った外装もコンパクトになり、箱の中が2列に分かれて、15パックずつ並んでいるので残量も分かりやすくなりました。

大野個人としましては、出先にライフパックを持って出ることが多いのですが、カプセルタイプの時は、ポケットやバッグの中でカプセルが割れてしまい、中の粉末が出てしまったことがあったのですが、タブレットタイプを飲むようになってからは安心です。

せっかくのニュースキン製品も非正規品にはリスクがあります。

ニュースキン製品は正規販売ルートからお求めください

「ライフパック タブレット」の配合成分

カプセルタイプと同量、豊富な栄養学的効果

「ライフパック タブレット」は、飲みやすい小さなタブレット形状でありながら、既存のカプセルタイプと同量のビタミン・ミネラルが凝縮されています。

【ライフパック タブレットの配合成分】
ライフパック タブレットの豊富な配合成分は、ライフパック カプセルと同量の栄養効果   

ライフパック タブレットの配合成分「丸い錠剤:オリーブ果実エキス、セレン、ブドウ種子エキス、カルシウム、ビタミンC、マグネシウム」「茶色のソフトカプセル:ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム、葉酸、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンD」

★丸い錠剤の配合成分
オリーブ果実エキス、セレン、ブドウ種子エキス、カルシウム、ビタミンC、マグネシウム

★茶色のソフトカプセルの配合成分
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム、葉酸、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンD

かっては「タブレット(粒状)は吸収されにくい」と言われていた時期もありましたが、研究開発が進んだ現在のタブレット製造技術により、カプセルと変わらない分解・吸収が可能となっています。

ライフパック タブレットの効果の違いは?

「ポリフェノール」を強化!

この【ライフパック タブレットの違い】について特筆すべきは、コンパクト化したこと以上に、「ポリフェノールの強化」という重要なポイントです。

今でこそ、リコペン、ルティン、カテキン、イソフラボンなど、植物栄養素(ファイトケミカルと呼ばれます)の栄養学的な効果もひろく知られるようになりました。

植物栄養素の数は数千種類にもおよびますが、大きく分類すると5種類ほどに分けられています。

中でも、「ポリフェノール」という種類は、健康番組やサプリのCMなどでも日常的に耳にしますね。

植物栄養素(フィトケミカル)とは、紫外線や有害物質、害虫などの害から自らを守るために、植物が作り出した色素や香り、アク、辛味などの成分であり、大きく分類すると「ポリフェノール、含硫化合物、カロテノイド、テルペン類、多糖類」の5種類に分けられる。

たとえば、ブドウの種子や果皮まで丸ごと使って作る赤ワインや、緑茶やココアなどの健康効果が、TVの健康番組で大きな話題になったことも大きな要因のようです。

●引用元:厚生労働省「統合医療」に係る情報発信等推進事業:(ブドウ種子抽出物

ブドウ種子抽出物(エキス)はワイン用ブドウから作られ、サプリメントとして静脈不全(静脈を介して下肢から心臓に血液を送り返す際に問題がみとめられる)、創傷治癒の促進、炎症の軽減など、さまざまな症状・疾患に良いとされています。

ブドウ種子抽出物(エキス)にはプロアントシアニジンという物質が含まれており、さまざまな健康状態に対して研究されています。

国立補完統合衛生センター(National Center for Complementary and Integrative Health:NCCIH)は、ブドウ種子抽出物(エキス)をはじめ、ポリフェノールが豊富な特定のサプリメントが、心身へのストレスの影響を軽減するのにどのように役立つのかについての研究を助成しています(ポリフェノールは多くの植物に含まれる、抗酸化活性を有する物質です)。

しかし、1995年、ライフパックが日本で発売になった当時、栄養素と言えば『五大栄養素』だけが注目され、『植物栄養素』『抗酸化物質』などという言葉も全く聞くことはありませんでした。

そのような状況の中、ライフパックには27年前の発売当初から、ビタミン&ミネラル以外にも、各種の植物栄養素が栄養学的なバランスや相乗的な効果を考慮して配合されており、他のサプリメントとは一線を画していました。

「ライフパック タブレット」新配合の植物栄養素が生む相乗効果

ライフパック タブレットに配合されている「オリーブ果実抽出物」と「ブドウ種子エキス」のコラボレーションは、栄養学的に非常に優れた相乗効果を発揮します

発売以来、多くの改良を重ねてきたライフパックですが、今回の「ライフパック タブレット」には、従来からの配合成分「ブドウ種子エキス」に組み合わせるかたちで、新たに「オリーブ果実抽出物」が配合されました。

オリーブ果実に含まれるポリフェノールの一種『ヒドロキシチロソール』は優れた栄養学的効果があります。 ブドウ種子エキスにはポリフェノールの中でも特に強い力をもつといわれている「プロアントシアニジン」が豊富に含まれます

「オリーブ果実抽出物」と「ブドウ種子エキス」のコラボレーションは、栄養学的に非常に優れた相乗作用を発揮することが科学的に立証されています。

ご参考:「オリーブ抽出物」と「ブドウ種子エキス」の相乗パワー」

原料の原産地や収穫時期によって【違い】がうまれる

ニュースキンのサプリメント部門「ファーマネックス」では、原材料の選択から製品化までの全プロセスを6段階の厳しい基準で管理する「6S(シックスエス)プロセス」 という独自の製品管理システムがあり、原料の原産地や収穫方法までも高いハードルが設定されています。

たとえば、同じオリーブ果実であっても産地によって、抽出できる栄養素の質や量が大きく異なります。

「ライフパック タブレット」には上記のように、「オリーブ果実抽出物」が「ブドウ種子エキス」と組み合わせて配合されていますが、科学的な見地から南フランス産のオリーブ果実のみを使用しています。

また、オリーブの果実に含まれている「ヒドロキシチロソール」という栄養学的に優れたポリフェノールは、果実が熟していく際に生み出される成分であるため、収穫時期にも冬の短期間『11月〜1月』だけという基準を設けています。

このようなニュースキンの妥協のないこだわりのひとつひとつが、「AとBとを組み合わせれば良い」といった単純な手法から生ずる結果とは、大きな違いを生みだしています。

新しいスタンダードとなった「ライフパック タブレット」を若々しく元気な毎日のために是非お役立て下さい。

続いて、当店のお得情報は『VIP エリア』で無料にて安全にご覧頂けます

VIP エリア お得情報


記事の続きや当店のお得な割引き価格がご覧頂けるエリアです。詳細はこちら

お得: もっとお得に使いたい
安全: 転売された非正規品はNG!
簡単: 面倒な登録や勧誘はイヤ!
安心:『売らんかな』ではない、信頼できる販売店を探している
VIPエリアをチェック!
【連絡先】


店舗電話:03-3415-9696 (10時〜19時)

所在地:東京都世田谷区

続いて、ニュースキン ブランドメンバー 大野 が、ニュースキンのサプリづくりにおける重要なキーワードを分かりやすくご紹介いたします。
ニュースキンの「体内インベスト設計」《その1》
ニュースキン ブランドパートナー 大野

ニュースキン ブランドメンバーの大野 充と申します。
1994年よりニュースキン ジャパンと契約を行い、以来、25年以上にわたり販売業務を行ってきました。

現在、「シニア世代」と呼ばれる年齢になりましたが、ニュースキン&ファーマネックス製品のおかげで元気に毎日を送っています。

男性でも「年齢より若く見える」と言われるのは嬉しいことですし、毎日を健康で楽しく過ごせることにかけがえのない幸せを感じています。

ニュースキンと出会ったのは40歳の時でしたが、当時に比べてエイジングケア製品に対する興味が格段に強くなり、自分ごととして切実に感じるようになりました。

ニュースキン&ファーマネックス製品をお薦めしていくことにも更に強い意義を見い出しております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

DREAMON 管理者:大野 充
e-Mail:eshop@dreamon.jp
店舗電話:03-3415-9696 (10時〜19時)
所在地:東京都世田谷区

目次